スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

白鳥の記録

羽田沼
今日は天気予報では暖かいと言っていたのですが、気温5度くらいでした。
暖かいのは東京方面だったようですね。
白鳥は45羽くらいいました。

キンクロハジロが本当に沼の主のようになっています。これだけ増えた原因は何でしょうか。
20140125002.jpg

今日はメインの場所にコハクチョウがいました。羽数も増えてきています。共存していますね。
20140125003.jpg

変わってオオハクチョウは東屋前で餌をもらっていました。
20140125004.jpg

沼東側はまだ少し凍っています。
20140125005.jpg

田んぼ
たくさんいました。約90羽です。増えましたね。これからが1年で一番白鳥の多い季節です。
23日の新聞に、絶滅危惧種「シジュウカラガン」が羽田沼に飛来した、という記事がのっていました。飛来したのは1羽だけなので、実際はいたかもしれませんが見つけられませんでした
20140125008.jpg

90羽いても、狭く感じない田んぼ。環境はいいのでしょうね。
20140125009.jpg

オナガガモが土手に止まっています。遠目には一瞬ブロック積に見えてしまいます。
20140125010.jpg

那珂川
コハクチョウが26羽いました。たまに餌をやる人もいるのか、人を見るとゆっくり寄ってきます。
餌を持っていないとわかると、ゆっくり下がっていきます。
他の場所と白鳥の性質が違います。ここは自立して生きてける場所ですね。
20140125011.jpg

少し離れたところにいる群れ。
20140125012.jpg

子供の白鳥は手前の2羽だけのようです。
20140125013.jpg

先週いた対岸にはいませんでした。羽田沼から一時的に来ていたのでしょうか。
20140125014.jpg

まさに清流那珂川、完全に透き通っています。
20140125015.jpg

水質が悪いところに多く生息するオナガガモ。一方白鳥と行動を共にする水鳥でもあります。
20140125016.jpg

まるで大海原に放たれたかのような白鳥。
20140125017.jpg

土を掘り餌を探していると思われる雌。
20140125018.jpg

一番左側にいるのは、少しアメリカコハクチョウっぽいですが、以前にいた白鳥とは別の個体のようです。
20140125019.jpg
2013-2014 | 【2014 / 01 / 25 ( 土 )20:13】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
白鳥の記録 | top | 白鳥の記録

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/136-21570ab1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v