スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

白鳥の記録

琵琶池
今日も琵琶池は異常なし。でもこの状態、例年と違います。人に寄ってこないのです。
ひょっとして朝晩十分な餌をもらっているのでしょうか。観光客にはあまり寄ってきません。
18羽いましたが、いつも寄ってくるのは2,3羽です。
以前は上空を飛び回る白鳥もいましたが、あまり見かけなくなりました。
20120218000.jpg
岸に寄ってきたコハクチョウ2羽。頭が汚れています。琵琶池こういう白鳥が多いですね。というか、毎年同じ白鳥が飛来しているので、そう見えるのかも知れません。白鳥も長生きです。
20120218001.jpg

那珂川
那珂川に行ったとき、ちょうど餌をやっている人がいました。
45羽いました。少し数が減りましたね。どこへ行ったのでしょうか。
20120218002.jpg

今日は曇り空。それでも逆光で撮ると照り返しにより、波が筆で書いた絵のようになりました。
20120218003.jpg

白鳥がバラバラに動いています。構図的にはいい写真じゃありません。餌やりをしているときなど、人に寄ってくる者、そうでない者、白鳥は統一感のない動きになります。
20120218004.jpg

そのうちに白鳥は輪になりました。白鳥は家族が違っても、自然と同じ方を向きますね。団体行動が人間より出来ているかも知れません。
20120218005.jpg

湯殿橋のすぐ上流にいた白鳥です。一瞬サギかと思いました。この場所はサギがよくいる場所なんです。
このほか、更に上流にも数羽白鳥がいました。ああ、いつもの年と同じだ、と思い安心しました。地震があってから人間はたいへんな思いをしましたが、白鳥もたくましく生き続けています。
それにしても、今日は那珂川の白鳥の自由な行動を見ながら、白鳥は野生動物なんだなとあらためて思いました。
20120218006.jpg

(田んぼ)
羽田沼に着いたとき4羽いて、そのうち2羽が飛び立つ準備をしていました。
飛び立つ前、首を前に出し、上下に振ります。白鳥会議の時はコォーコォーと鳴きますが、飛び立つ前は控えめにヒーヒーと鳴きます。仲間が大勢いるときはタイミングを図るためなのか、時間がかかるときがありますが、2,3羽しかいないときは、準備ができると、すぐに飛び立ちます。
案の定、今日は車から降りカメラを構えた瞬間飛び立ちました。
20120218007.jpg

飛んだはいいが、低空飛行。近くの田んぼに降りました。いつもの田んぼからもたくさんの白鳥が見えました。
近くに行ってみると、白鳥の大群が。重なってよくわかりませんが、150羽くらいいたと思います。
那須連峰をバックに思わぬ写真が撮れました。
20120218008.jpg

それにしても、一生懸命餌をとっています。餌をやらなければいなくなってしまう、そんな危機感もありましたが、大田原の白鳥はたくましい。"餌をやってはいけない"というスローガンは間違いではなかったようです。
20120218009.jpg

(沼)
今日は羽田沼には8羽しかいませんでした。
この時期は那珂川もそうですが、白鳥はいろんな場所に出没します。乾いた田んぼ、牧草地。きっと方々遊び(失礼餌とり)に行っているのでしょう。
対岸にいた6羽が気になりました。なんか元気がないように見えます。よく怪我をしたり調子のわるい白鳥が対岸で休むことが多いのです。
20120218010.jpg

別の2羽です。望遠で前後がぼけて、際だって見えます。
白鳥からすると羽田沼はどのように見えるのでしょうか。体も大きいので、それほど大きな場所には感じていないとは思いますが。
20120218011.jpg

忘れては行けない、主役オナガガモです。冬の水鳥では一番数が多い。でも今年は痩せています。そうです、餌はあまりもらっていないでしょう。まるまる太った鴨よりも、ずっといいです。動物にだって健康は大事ですから。
20120218012.jpg
2011-2012 | 【2012 / 02 / 18 ( 土 )23:32】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
那須赤十字病院 | top | 花フェスタ

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/14-a0926393
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v