スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

変わりゆく町2

4月28日はたくさん写真を撮ったことは前にふれましたが、こちらもその日の写真です。
さて、どこの写真か、これは大田原の中心部です。あっという間に取り壊しが進んだため、トライアルの看板を見なければ、大田原であることがわからないくらい変わってしまいました。

右側はすでに取り壊しが終わって広くなってます。左側はまだ家が残っています。
左奥に見えるビルは元々引っ込んで建っているため、解体ではなく、模様替えなんですかね。
20120428-4001.jpg

こちらは、再開発ビル建設予定地。ついに元からあったビルが取り壊されました。あっという間でしたね。
20120428-4002.jpg

通りを右に入ったところに菜の花を見つけました。ミラーに再開発ビル建設現場の囲いが写っています。
こういう場所を見ると心安らぎますね。
20120428-4003.jpg

囲いの外も工事が進んでました。道路工事?でしょうか。
20120428-4004.jpg
街角 | 【2012 / 05 / 04 ( 金 )12:05】 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
そば 蕎心庵 | top | 那須の風景

コメント:

# 再開発ですか
先月、出掛けた時にこのような光景を見ましたが大田原の街は再開発が進んでいるのですか?
結構古い風情のある建物などもあったので取り壊されるのが勿体ないような気がします。
因みに栃木銀行の前にある駄菓子屋さん?はそのままですか?
by: マリリン | 2012/05/15 08:17 | URL [編集] | page top↑
# 駄菓子屋さん
駄菓子屋の蔵屋敷は市街地再開発のシンボル的存在で、残すために整備されたものなので、大丈夫です。ちょっと古いですけど、市の広報にイメージが載っています。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/resources/content/6536/P2-3.pdf
景色は変わってしまいますが、大田原の市街地風景は時代によって変化しています。写真集で見たことがありますが、昭和になってからも道路沿いの商店街は、刻々と町並みが変化しています。
再開発によって新しい大田原の風情が作られていくのであれば、仕方ないことなのかもしれません。
少なくとも道路拡幅により、車と歩行者の往来しやすい街となるでしょう。
by: anlters | 2012/05/15 18:55 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/42-c0b12ec0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v