スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

白鳥の記録

羽田沼
まだ12月半ばですが、羽田沼にはたくさんの白鳥が飛来しています。
駐車場には車がたくさん、路駐もありました。

2羽が面と向かい鳴いていました。もう少しカメラを構えるのが早ければ典型的な左右対称の写真が撮れたんですけどね。

ざっと数えて80羽くらいでしょうか。すごい数です。コハクチョウも30羽ほどいましたが、えさを貰うのはオオハクチョウばかり。コハクチョウは遠目で見ているだけです。
白鳥の世界ではオオハクチョウにはかないません。
20121215001.jpg

先週もいたオオハクチョウの親子です。
20121215002.jpg

こちらはコハクチョウの親子。オオハクチョウに比べると本当に小さく見えます。
20121215003.jpg

久しぶりに見たオオハクチョウの雄姿。
20121215004.jpg

羽を広げたオオハクチョウ。筋力は相当あるんでしょうね。
20121215005.jpg

次の一コマ。秒7コマ程度で撮っているので、0.15秒で羽ばたいていることになります。往復でも0.3秒です。
20121215006.jpg


観察台前で水が放流されていました。見るのは久しぶりです。
このあと田んぼに行きましたが、白鳥はいませんでした。
20121215013.jpg

琵琶池
1羽増えて8羽になっています。しかしメンバーが違います。子供の白鳥がいません。少なくとも2羽入れ替わっています。
20121215007.jpg

餌を貰うカモたち。アヒルの隣にマガモが。しかしよく見るとこれは雄のアヒルかもしれません。
見た目が同じ模様なので区別は意外と難しいです。
20121215008.jpg

おなじみハシビロガモの雌です。ちょっとリアルですね。
20121215009.jpg

琵琶池の白鳥は、シーズン初め特に黄色い汚れがついています。
これはシベリアでつけてきたものなのでしょうね。
気のせいかもしれませんが、日本にいる間に綺麗になっているように見えます。
20121215010.jpg

数多い越冬地の中で琵琶池を選んだ白鳥。子供を連れてこないとそのうち来なくなってしまう。
そういえば毎年1羽くらしか来ない。これから増えてくれるといいですね。
20121215011.jpg

仲よさそうな2羽。雄は鳴かないので、いままで気づかなかっただけかもしれません。
20121215012.jpg

2012-2013 | 【2012 / 12 / 15 ( 土 )23:02】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
白鳥の記録 | top | 白鳥の記録

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/82-e685ac60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v