スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

白鳥の記録

羽田沼
こういう日は羽田沼には白鳥はいないだろう、と思ったのですが、全く逆。
圧倒されて数は不確かですが、150~200羽くらいはいそうです。
ということは全部で大田原に300羽以上いることになります。
201300106018.jpg

今日は行った時間帯がよかったのか、白鳥が数え切れないくらい飛び立ちました。
真横から飛び立つ写真は何度も撮ったので、今日は後ろ方向からの撮影にチャレンジ。
201300106019.jpg

201300106020.jpg

たくさん撮ったので、気に入ったものだけ載せます。
反逆光だったので、陰が黒く写ります。カメラマンが太陽を背にして岸に立っているのはそのせいです。
沼東側は私だけ。周りにはだれもいない。
201300106021.jpg

201300106022.jpg

大空にいろんな模様を見せてくれる白鳥。
201300106023.jpg

青空もいいですが、背景の雲との偶然の組み合わせも楽しみの一つです。
201300106024.jpg


反逆光といっても、水面付近ではこのようにあまり陰にならずに撮れます。
羽ばたきながらとはいえ、水面を走れる能力はすごいですね。
201300106025.jpg

飛び立つ白鳥とカメラマンです。
201300106026.jpg

沼の奥でUターンして私に向かって飛んできました。
まるで戦闘機のようです。
201300106027.jpg

私の頭の上を通過しました。すごい迫力です。
201300106028.jpg

最近は羽に影ができても、それが自然なんだと思うようになりました。
201300106029.jpg

写真が小さいですが、少数で飛び回る白鳥は結構美しいものがあります。
201300106030.jpg

こんなに大きい鳥が空を飛ぶ、それだけでもファンタジックです。
201300106031.jpg

毎年、こんな姿を見せてほしい、ずっと。
201300106032.jpg

岸で餌をもらっているのはオオハクチョウ。写っているものだけで約50羽。
自由に飛び回っていたのは概ねコハクチョウ。やはりオオハクチョウは餌付けしないと大田原にはいられなくなったのでしょうか。
201300106033.jpg
2012-2013 | 【2013 / 01 / 06 ( 日 )20:15】 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
白鳥の記録 | top | 白鳥の記録

コメント:

#
ご無沙汰しております。
先日、琵琶池に行ってきました。1年ぶりに白鳥に会えて嬉しかったです。今度羽田沼にも行ってみます。
羽田沼の白鳥が飛び立つ時間はだいたい何時ぐらいなのでしょうか?
by: soma | 2013/01/14 00:50 | URL [編集] | page top↑
# お久しぶりです
日によって多少違うと思いますが、先週は3時頃行ったらたくさんの飛翔に出会えました。

経験的に言うと、普通は日没間際ですかね。
羽田沼では原則餌やり禁止なので、早めに田んぼの方へ帰っているのかもしれません。
(餌やりしていると日没間際まで飛び立ちません)

自然の姿だと、日没間際まで餌を採り、寝ぐらに帰るのが本来だと思います。

あとは早朝です。以前8時頃行ったら、撮影終わって帰るおじさんがいたので、朝撮るなら、それこそ日の出から待っている必要はあると思います。



by: antlers | 2013/01/14 17:03 | URL [編集] | page top↑
#
ありがとうございます!日没ぐらいに行ってみます。
by: soma | 2013/01/19 12:08 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/86-533f0f30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v