スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 【-- / -- / -- ( -- )--:--】 | | edit | page top↑

学生街の喫茶店

 君とよくこの店に来たものさ~♪
 年代がばれそうですが、ガロがかつて歌った"学生街の喫茶店"です。(知らない人には申し訳ない)
 歌詞のなかでは、"訳もなくお茶を飲み過ごしたよ♪"となっていますが、今の大田原の喫茶店はまるで図書館の勉強コーナー状態です。
 写真は西那須野のハートブックスに併設されたエクセルシオールカフェです。大田原のドトールも同じ系列ですね。
2012021201.jpg
 大田原市も学生街へと変身して久しいのですが、しかしなぜ、こんなに増えたんでしょう、喫茶店で勉強する学生。ここ1,2年で休日は席の半分、あるいはそれ以上を学生が占めるようになりました。 
 かつて学生が図書館で勉強するのは、電気代節約または家に冷暖房器具がないなどの理由でしたが、今は違うんでしょうね。
 友達と一緒に勉強するため、家だと集中できないから、本屋に来たついでに立ち寄りやすいから、理由はいろいろありそうですが、私が思うに一番の理由は少子化&不景気。つまり就職の競争率が上がっているため、熱心に勉強をする学生が増えたからではないでしょうか。そういえば図書館に行っても学生で席はいっぱい。図書館や喫茶店で騒いでる学生もなく、みんな静かに勉強している。私が学生の頃は、図書館で騒いで係の人に叱られたものです。
 生涯で就職試験が1回しかない中国ほどではないにしろ、 日本もかつてとは違う就職競争時代に突入したのかもしれません。
 その反面、高齢化で老人も目立つ喫茶店内。コンビニやファミレスに老人客が増える中、老人専用のお茶飲み場が出来ても不思議ではないと思いつつ家路につきました。

 お客を撮るわけにいかないので、こんな写真しか撮りませんでした。つまらなくてごめんなさい。
2012021202.jpg
街角 | 【2012 / 02 / 12 ( 日 )22:21】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
花フェスタ | top | 白鳥の記録

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sumunaraootawarashi.blog.fc2.com/tb.php/9-e7666ad5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v